Terms

利用規約

利用規約一覧

MOTA利用規約

このウェブサイト(「autoc-one.jp」ドメイン又は左記ドメインから始まるウェブサイト 以下「当ウェブサイト」といいます)は、株式会社MOTA(以下「当社」といいます)が運営する各種サービス提供を主な目的とするサイトです。当ウェブサイトをご利用になる方(以下「お客様」といいます)は、当ウェブサイトのご利用(「利用」には、各サービスのご利用及び当ウェブサイトに含まれるコンテンツや情報の閲覧、当ウェブサイトへの投稿等を含みますが、これらに限られないものとし、以下同様とします)にあたって、事前に、本利用規約およびご利用されるサービスに関連する利用規約をお読みいただき、同意された場合にのみご利用ください。ご利用いただいた場合には、該当する利用規約の全てにご同意いただいたものといたしますので、ご了承ください。当社は、お客様に事前告知をすることなく、本利用規約を変更することができます。本利用規約が変更された場合、変更後の規約が適用されるものとし、お客様は変更後の規約に同意したものとみなされます。

知的財産権について

当ウェブサイトに掲載されている情報等の著作権、特許権、実用新案権、商標権その他一切の権利は当社または当社にその使用を許諾した権利者に帰属します。お客様は、当ウェブサイトに掲載されている情報等を、他Webサイト、出版物、書籍、その利用場所・利用方法を問わず、当社の許可なく利用することはできません。

禁止行為について

お客様は、以下の行為を行ってはならないものとします。

免責について

お客様は、自己の責任において当ウェブサイトを利用します。当社は当ウェブサイトが正常に作動することを保証していません。また当社は、特定の目的への適合性、第三者の権利を侵害しないことなど、いかなる保証も行いません。当社は、以下の事項に関して保証をいたしません。

また、当ウェブサイトは、システムのメンテナンスなど当社が必要と判断した場合には、お客様に事前に何らの通告をすることなく、休止する場合があります。当ウェブサイトを利用して行われる情報の入手は、お客様自身の判断と責任で行われます。情報のダウンロードや入手から生じるコンピュータシステムの損害、情報の損失に関してはお客様のみが責任を負います。当ウェブサイトを通じて、または当ウェブサイトからお客様が入手する当社または当社の提携会社のアドバイスまたは情報の提供は、当社のお客様に対する保証を行うものではありません。また、当社は、お客様と当社の提携会社との間の取引を仲介するものではなく、お客様と当社の提携会社との間の取引・トラブル等について、いかなる責任も負いません。なお、当社は、予告なしに、当ウェブサイトの運営を中止または終了することがありますので、あらかじめご了承ください。

リンクサイトについて

当社は、当ウェブサイトからリンクされているウェブサイトについて、いかなる責任も負いません。当ウェブサイトからリンクされていることは、当社とリンク先とが関連会社、取引先などの関係を有していることを意味しません。当ウェブサイトへリンクを設定することを希望される場合は、当社へお問い合わせの上で、当社の承諾を得て頂きますようお願い致します。当社は、当ウェブサイトへリンクを設定している他のウェブサイトについて、いかなる責任も負いません。

個人情報の保護について

当社は、当ウェブサイトの開設・維持にあたり、お客様の個人情報の保護の重要性を認識し、お客様の個人情報の保護に努めております。こちらの「プライバシーポリシー」のページにて、当ウェブサイトにおける個人情報の取扱いに関する方針をご説明いたしますのでご参照ください。

クッキーの利用について

インターネットにはアクセスの利便性を高めるため、ホームページ閲覧の際に発行するクッキー(Cookie)という機能があります。クッキー(Cookie)は、サーバからユーザーに送信してユーザーのコンピュータにファイルとして保存されることのある利用記録などの情報です。当社では、広告配信を行うにあたり、以下に記載する第三者企業が提供する行動ターゲティングサービスを利用する場合があります。当該サービスを利用するに当たり、当社及び以下の第三者企業において、利用者情報の中からクッキーを取得することにより行動履歴情報を蓄積して利用しております。以下の第三者企業におけるクッキー情報の利用方法は、各社が定めるプライバシーポリシーに従って管理されますので、詳しくは、以下のURLより、各社のプライバシーポリシーをご参照ください。

準拠法・管轄裁判所について

当ウェブサイトおよび本利用規約の解釈および運用は日本法に準拠します。当ウェブサイトまたは本利用規約に関する紛争は、他に別段の定めがない限り、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

店舗検索・見積もりサービス等について

当ウェブサイトで提供している新車見積もりサービス及びNEW CARマッチサービスは、お客様と店舗との間のお見積もり、在庫確認、試乗予約、商談予約及びその他の問い合わせを介入することにより、お客様の自動車購入や自動車リースのサポートをさせていただくサービスです。購入やリースに関するご質問等は直接店舗へお問い合わせください。なお、お客様と提携店舗とのトラブルに関して、当社は一切の責任を負いません。

口コミ投稿について

当社は、当ウェブサイトにおける情報の充実化を目的として、当ウェブサイト上にて、お客様の口コミ情報を掲載しております。当社は、各サービスの口コミ投稿フォームより投稿されたコメントについて以下の行為を行うことができます。

一旦投稿した評価等をお客様が修正および削除することはできませんので、投稿前に内容をよくご確認ください。なお、お客様はコメントの内容に責任を負い、以下の事項において投稿してはならないものとします。

投稿者は、投稿に際して入力された個人情報が当社により記録されること、および以下の目的に利用されることを承諾するものとします。

利用者は、画面の案内に従い、自由に評価・口コミの内容を閲覧することができます。ただし、評価・口コミの内容は利用者の責任で掲示されたものであり、評価・口コミの内容の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性等について、当社は何ら保証しないことを了承の上、自己の責任において利用するものとします。

RSSフィード利用条件

本条件は、株式会社MOTA(以下「当社」といいます。)の配信するRSSフィード(以下「RSS」といいます。)をご利用される方すべて(以下「RSSユーザー」といいます。)に対して、RSSの利用を開始した時点から適用されます。

禁止事項

RSSについて、次のようなご利用はできません。

ご利用中止について

RSSのご利用方法が以下に該当すると当社が判断した場合、RSSのご利用を中止していただくことがあります。

ご免責事項

配信内容・利用条件の変更

RSSの配信内容やご利用条件は、随時変更されることがあり、また、RSSの配信は、予告なく休止・終了されることがあります。RSSユーザーは、本条件の変更後もRSSの利用を継続することにより、本条件の変更に同意したものとみなされます。

その他

RSSの利用については、本条件に抵触しない範囲で、当社の運営する各種ウェブサイト及びサービスに関する利用規約が適用されます。

以上

会員規約

第1条(MOTA会員)

第2条(会員登録)

第3条(IDおよびパスワードの管理)

第4条(アカウントを利用した取引)

会員がアカウントを利用して行う、各サービス上での取引(商品またはサービスの購入、購入の申込、およびその他の取引に関する意思表示を含みます。以下同じ。)は、会員とその取引の相手方との間で直接に行われます。MOTAは、当該取引について会員の相手方となる場合を除き、取引の当事者とはならず、取引に関する責任を一切負わないものとします。したがって、取引に際し万一トラブルが生じた場合には、会員とその相手方との間で解決していただくことになります。

第5条(登録情報の変更)

会員として登録した情報(以下「登録情報」といいます。)に変更が生じた場合は、速やかに登録情報の変更をお願いいたします。登録情報の変更がなされなかったことにより会員に生じた損害について、MOTAは、一切の責任を負わないものとします。また、変更がなされた場合でも、変更前にすでに手続きがなされた取引は、変更前の情報に基づいて行われます。登録情報の変更内容を当該取引の相手方に通知する必要があります。

第6条(MOTAによるお知らせ)

第7条(個人情報の取扱い)

第8条(禁止事項)

第9条(利用停止、会員資格の取り消し等)

第10条(会員の退会および本契約の終了)

第11条(会員サービスの変更、中断、終了等)

第12条(保証の否認および免責)

第13条(本規約の改定等)

第14条(準拠法、合意管轄)

以上

車買取サービス 利用規約

MOTA車買取利用規約(以下「本利用規約」といいます。)は、株式会社MOTA(以下「当社」といいます。)が運営・管理するウェブサイト(以下「当ウェブサイト」といいます。)上で、当社が提供する「中古車買取価格の一括比較サービスMOTA車買取」(以下「当サービス」といいます。)を利用するにあたっての利用条件を定めるものです。

当サービスをご利用になる方(以下「お客様」といいます。)は、当サービスのご利用にあたって、事前に、本利用規約をお読みいただき、その内容に同意された場合にのみご利用ください。ご利用いただいた場合には、本利用規約にご同意いただいたものといたしますので、ご了承ください。

当社は、お客様に事前告知をすることなく、本利用規約を変更することができます。本利用規約が変更された場合、変更後の利用規約が適用されるものとし、お客様は変更後の利用規約に同意したものとみなされます。

1. 当サービスの概要

当サービスは、お客様が当ウェブサイト上でお客様自身が所有する自動車を出品し、当社の提携する自動車販売店がお客様の出品に対して購入希望価格の提示(以下「入札」といいます。)を行い、入札した自動車販売店のうち入札額の高い3社(最大)を当サービスが自動選定し、該当した自動車販売店にお客様の個人情報、出品車両情報を通知します。その際には出品者様宛てに、入札完了時にご登録いただいたメールアドレス、およびお電話番号へのSMS通知をさせていただきます。その後依頼を受けた販売店とお客様とで直接売買交渉を行っていただき、自動車販売店が出品車両を購入するサービスです。入札した自動車販売店が4社以上の場合、当サービスが自動選定した買取店以外にも、お客様のご意思で現車確認依頼をすることが可能です。入札した自動車販売店のうち、現車確認依頼を受けた自動車販売店のみ現車確認を行うことができますが、当社は、自動車販売店による現車確認、引取日の調整、購入代金の支払方法・タイミング等の個別のやりとりについては一切関与せず、お客様と自動車販売店との間で直接協議を行っていただきます。

2. 会員登録および会員資格の停止等について

お客様が当サービスを利用するためには、会員登録が必要です。会員登録に際しては、ご自身に関する真実かつ正確な最新の情報を入力していただきます。登録情報に変更があった場合には、お客様は、速やかに所定の方法により申告いただくものとします。お客様は、登録したパスワードを他人に推知されないよう、適宜変更するなどして自己の責任で管理するものとします。

※ご登録情報の誤りや変更がある場合には、MOTA車買取カスタマーサポート(kaitori-cs@mota.inc) および現車確認依頼後であれば現車確認依頼先である各自動車販売店にご申告ください。

当社は、本利用規約に定める事項に違反している、またはそのおそれが高いと判断したお客様について、事前の通知なく、当該お客様による会員登録をあらかじめ拒否し、または直ちに会員資格を停止し、もしくは終了させる等(ID、パスワード、メールアドレス、投稿、プロフィールなど、当該お客様に関連する全ての情報の削除を含みます。)の措置を行うことができます。

3. 知的財産権について

当ウェブサイトに掲載されている情報等の著作権、特許権、実用新案権、商標権その他一切の権利は当社または当社にその使用を許諾した権利者に帰属します。お客様は、当ウェブサイトに掲載されている情報等を、場所・方法を問わず、いかなる目的であれ、当社または正当な権利者の事前の承諾なく、譲渡、編集、翻案、使用、複製、転載、公衆送信または転送等を行うことはできません。

4. 禁止行為について

お客様は、以下の行為を行ってはならないものとします。お客様の行為が当該禁止事項に該当すると当社が判断した場合、当該お客様に対し「2.会員登録および会員資格の停止等について」に定める措置を講ずることができるものとします。また、お客様が、下記5に違反して、出品車両に関する誤った情報を登録したことが判明した場合、現車確認をした自動車販売店から、売買契約の締結を拒否される場合があります。

  1. 個人または自動車メーカー、ブランド、車種、自動車販売店(店員含む)などに対する誹謗(ひぼう)中傷や、何らかの不利益を与えるような行為
  2. 当社または第三者の著作権、商標権、プライバシー権、名誉権等、知的財産権、営業秘密その他の権利を侵害し、または侵害を助長するような行為
  3. わいせつ、脅迫、他人を威圧するような表現や閲覧者に不快感を与える行為など、公序良俗または法令に反する行為
  4. 広告、宣伝など営業、営利目的あるいは、販売を助長する行為
  5. 当サービスにおいて当社が指定する諸手続きにおいて、虚偽または不正確な情報を登録する行為
  6. 正当な理由なく、自動車の出品とキャンセルを繰り返す行為
  7. 正当な理由なく、現車確認依頼の後に、当該自動車販売店との間で現車確認や引取日程の調整または代金支払いのタイミング等について協議を行わない行為
  8. 正当な理由なく、現車確認依頼の後に、売却の申入れを行ったにも関わらず当該自動車販売店と売買契約を結ばない行為
  9. 当サービスを利用する意思がないにもかかわらず、多数の自動車の出品を繰り返す行為
  10. 当サービスを利用する意思がないにもかかわらず、自己または第三者の事業の利益のために自動車の出品を行う行為
  11. 当社が予定していない目的で当サービスを利用する行為
  12. 当サービスのサーバーに負担をかける行為、他のお客様のアクセスまたは操作を妨害する行為
  13. その他、当社が不適切だと判断する行為

5. 免責について

お客様は、自己の責任において当サービスを利用します。当社は当ウェブサイトおよび当サービスが正常に作動することを保証していません。また当社は、特定の目的への適合性、第三者の権利を侵害しないことなど、いかなる保証も行いません。

当社は、以下の事項に関して保証をいたしません。

また、当サービスは、システムのメンテナンスなど当社が必要と判断した場合には、お客様に事前に何らの通告をすることなく、休止する場合があります。当サービスを利用して行われる情報の入手は、お客様自身の判断と責任で行われます。当社は、お客様と自動車販売店との間の取引を仲介するものではなく、お客様と自動車販売店との間の取引・トラブルその他自動車販売店の一切の作為・不作為について、いかなる責任も負いません。

なお、当社は、予告なしに、当サービスの運営を中止または終了することがありますので、あらかじめご了承ください。

6. 個人情報の取扱い

当社では、当社の個人情報保護規程に基づき、お客様からご提供いただいた個人情報を適切に管理いたします。なお、具体的な取扱いの方針については、会員登録の際にご確認いただく「MOTA車買取をご利用されたお客様の個人情報の取扱いについて」をご参照ください。

7. クッキーの利用について

当社では、広告配信を行うにあたり、MOTA利用規約(https://autoc-one.jp/kiyaku/)に記載する第三者企業が提供する行動ターゲティングサービスを利用する場合があります。当該サービスを利用するに当たり、当社および当該第三者企業において、利用者情報の中からクッキーを取得することにより行動履歴情報を蓄積して利用しております。当該第三者企業におけるクッキー情報の利用方法は、各社が定めるプライバシーポリシーに従って管理されますので、詳しくは、各社のプライバシーポリシーをご参照ください。

8. 準拠法・管轄裁判所について

当サービスおよび本利用規約の解釈および運用は日本法に準拠します。当サービスまたは本利用規約に関する紛争は、他に別段の定めがない限り、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

9. お問合せ

当サービスに関するお問合せは、下記の連絡先までお知らせいただければ、当社の可能な期間で対応させていただきます。【お客様相談窓口 E-Mail:kaitori-cs@mota.inc 】。

MOTA車買取をご利用されたお客様の個人情報の取扱いについて

株式会社MOTA(以下、当社といいます。)は、お客様にご入力及びご提出いただく個人情報を、当社の「個人情報保護規程」及び当社のプライバシーポリシー(https://autoc-one.jp/corporate/privacy/)に基づいて管理しております。以下の内容をご確認およびご同意の上、「中古自動車フリーマーケットサービスMOTA車買取」(以下「当サービス」といいます。)をご利用いただきますようお願い申し上げます。

  1. お客様の個人情報は、当サービス及び当社からのメール配信の目的で利用させていただきます。
  2. お客様の個人情報は、当サービスの特性上、下記の内容で提携先の自動車販売店に提供させていただきます。
    • 提供の目的:自動車販売店による中古車購入を支援するための情報提供
    • 提供の項目:お名前、メールアドレス、電話番号、ご住所、その他お客様より当サービス内で提供いただいた情報
    • 提供の方法:当社開発のASP型商談システムおよびデータ連携
    • 提供先:お客様が現車確認依頼を行った、またはお客様が車の査定を依頼した自動車販売店
  3. 当社は、お客様の個人情報を、当社が選定し秘密保持契約を締結した協力会社に委託することがございます。
  4. 当社に対する個人情報のご提供は任意です。しかしながら、ご提供いただけなかった項目の内容次第では、当サービスを完全にお受けできない場合がございます。
  5. お客様は、当社にご提供していただいた個人情報に関して、利用目的の通知、個人情報の開示を請求する権利、および個人情報の修正、追加、削除、利用拒否、提供拒否を依頼する権利がございます。下記の連絡先までお知らせいただければ、当社の可能な期間で対応させていただきます。
お客様相談窓口
E-Mail:support-customer@mota.inc

MOTAカーリース サービス 利用規約

本利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社MOTA(以下「当社」といいます。)が運営・管理するウェブサイト(以下「当ウェブサイト」といいます。)上で、当社が提供する「MOTAカーリース」および「MOTA中古車リース」(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を、本サービスを利用するお客様(以下「お客様」といいます。)と当社との間で定めるものです。

第1条 適用

本規約は本サービスの利用に関して、当社と本サービス利用者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、利用者と当社の間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

第2条 定義

本規約において使用する以下の用語は各々以下に定める意味を有するものとします。

  1. 「本サービス」とは、当社が提供する「MOTAカーリース」および「MOTA中古車リース」という名称の、自動車のリースに関するプラットフォームサービス及び当該自動車のリースに関するサポートサービス(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)を意味します。なお、リース契約に関する事項については自動車リース会社が提供します。
  2. 「本サービス利用者」とは、自動車リース会社とリース契約を締結、当該リース契約を続ける者を意味します。
  3. 「提携会社」とは、本サービスに関する業務を利用者に提供する会社のうち、当社と協力関係のある会社を意味します。
  4. 「自動車リース会社」とは、提携会社のうち、利用者に対して本サービスを通じて自動車をリースする者を意味します。
  5. 「リース自動車」とは、自動車リース会社が本サービスを通じて利用者にリースする自動車を意味します。
  6. 「リース契約」とは、自動車リース会社と利用者との間のリース自動車に関するリース契約を意味します。
  7. 「リース料」とは、リース契約及び本規約に基づき、利用者が当社又は提携会社に対して支払う利用料金を意味します。

第3条 本サービスの利用

本サービス利用者は、本規約に従って、当社の定める方法に従い、本サービスを利用することができます。

第4条 禁止行為

本サービス利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。

第5条 保証の否認及び免責

当社は、以下の事項に関して保証をいたしません。

第6条 本サービス利用者の賠償責任

本サービス利用者は、本規約に違反することにより、又は本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその全ての損害を賠償するものとします。

第7条 個人情報の取扱い

第8条 当社の役割

当社は、本サービス利用者に対して、以下各号で定める業務を提供します。

当社は、本サービスを通じて、本サービス利用者と自動車リース会社との間のリース契約を締結する場を提供するものであり、本サービス利用者と当社との間には、リース自動車(新車・中古車)に関するリース契約が成立するものではなく、リース自動車(新車・中古車)のリースに関する契約は、本サービス利用者と自動車リース会社との間で成立するものとします。本サービスでは、当社が、本条で定める業務を自動車リース会社の委託を受けて当社が行うことがありますが、当社はあくまでも自動車リース会社の委託を受けて業務を遂行し、またリース契約の当事者に対して同契約の相手方当事者から同契約に関する意思を伝えるのみであり、当社は、リース契約に関する事項については一切の責任を負わないものとします。

第9条 料金及び支払方法

本サービス利用者は、かかる料金を自動車リース会社が定める方法で支払うものとします。かかる料金の支払方法の詳細については、リース契約の定めに準ずるものとします。

第10条 リース自動車の譲渡について

MOTAカーリースにお申込みいただいたお客様又はMOTA中古車リースでメンテナンスプラン(中古車)を選択されたお客様は、以下に定める場合に、リース自動車を譲り受けることができるものとします。

お客様は、自動車リース会社に対し、リース自動車の無償譲渡を希望する旨を通知することによって、リース自動車を譲り受けることができるものとし、リース自動車の引渡し、リース自動車に関する所有権譲渡手続、リース自動車に関する税金の支払、リース自動車に関する売買契約、その他リース自動車の譲渡に関する手続は、お客様と自動車リース会社との間で行って頂くものとします。リース自動車の譲渡に関する手続の詳細については、自動車リース会社にお問い合わせ頂けますようお願い致します。

第11条 準拠法及び管轄裁判所

当ウェブサイトおよび本利用規約の解釈および運用は日本法に準拠します。当ウェブサイトまたは本利用規約に関する紛争は、他に別段の定めがない限り、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

メンテナンスパック・延長保証に関するガイドライン

メンテナンスパックに関するガイドライン(以下「本ガイドライン」といいます。)には、株式会社MOTA(以下「当社」といいます。)の提供する「MOTAカーリース」のメンテナンスパック・延長保証(以下「メンテナンスパック」といいます。)のご利用にあたり、お客様に遵守していただかなければならない事項及び当社とお客様との間の権利義務関係が定められております。本メンテナンスパックをご利用になる方は、本ガイドラインに同意する前に、必ず全文お読み下さいますようお願い致します。

メンテナンスパック・延長保証の概要

  1. メンテナンスパック:安全・快適なカーライフをお楽しみいただくための点検・メンテナンスを当社提携会社にて実施するものとなります。
  2. 延長保証:メーカー保証が終了した後、リース契約期間中における対象自動車の故障修理を延長保証(以下「延長保証」といいます。)します。具体的な保証期間や保証対象部品、保証対象となる自動車の条件等の詳しいプランの内容は、当社のサービスページをご覧ください。なお、延長保証は、対象自動車におけるリース契約の契約期間の途中で加入することはできません。

料金及び支払方法等

メンテナンスパック・延長保証の利用料金及び利用料金の支払方法は、お客様がご利用に際し締結した契約に準ずるものとします。

メンテナンスパック・延長保証の終了

お客様都合による中途解約はできません。

免責事項

メンテナンスパック・延長保証における点検・メンテナンス・延長保証は、当社提携会社が実施するものであり、お客様と当社との間には、点検・メンテナンス・延長保証に関する請負契約、準委任契約その他いかなる契約も成立するものではなく、点検・メンテナンス・延長保証に関する契約は、お客様とお客様が選択した当社指定の事業者との間で成立するものとします。当社は、点検・メンテナンス・延長保証に関する契約について生じる事項については一切の責任を負わないものとします。

メンテナンスパック・延長保証の料金やお客様へのサービス内容は、市場の価格動向等を理由に予告なく変更する場合があります。なお、メンテナンスパック・延長保証のご契約成立後に変更になったサービス内容等を理由とする、プランの変更等のお申し出につきましてはお受けいたしかねます。予めご了承下さい。

オリックス自動車株式会社 個人情報に関する条項

個人情報の取扱に関する同意条項

個人のお客さま(以下「お客さま」という。)につきましては、この申込またはこの契約(以下「この契約」という。)に関し、以下の条項が適用されることをご確認およびご了承ください。

第1条(個人情報の利用目的)

1.オリックス自動車株式会社(以下「ORIX」という)は、お客さまの個人情報すべてを以下の利用目的で、利用目的の達成に必要な範囲において利用いたします。

〔利用目的〕

①自動車等のリース・クレジット・レンタル・割賦売買、自動車保険・その他保険商品の販売、自動車等の販売、買取、整備、カーシェアリングなどのORIXの事業(事業内容は弊社ウェブサイト(https://www.orix.co.jp/auto)をご確認ください)につき、お客さまからのお申し込み、お客さまへのORIXからの提案などお客さまとの商談にあたり、適切な対応を行うため。

②自動車等のリース・クレジット・割賦売買などの取引(信用供与取引)の場合の審査を行うため、ならびにお客さまの本人確認にあたり、適切な判断や対応を行うため。

③お客さまとのご契約について、ORIXおいてその契約の管理を適切に行うため。また、契約の終了後においても、照会への対応や法令等により必要となる管理を適切に行うため。

④ORIXおよびオリックスグループ各社ならびにその他の会社の会社紹介、各種の商品・サービスの紹介をダイレクトメール、電子メール等により案内するため。

⑤お客さまによりよい商品、サービスを提供するための商品・サービスの開発・改善のため。

⑥お客さまによりご満足をいただくためのマーケティング分析に利用するため。

⑦ORIXにおいて経営上必要な各種の管理を行うため。

⑧オリックスグループ各社およびORIXのレンタカー事業、中古車販売事業のフランチャイジー各社との共同利用のため。

⑨与信事業に際して個人情報を加盟する個人信用情報機関に提供する場合等、適切な業務の遂行に必要な範囲で第三者に提供するため。(第三者に提供する旨の同意を得た場合に限る。)

2.ORIXが保有するお客さまの個人情報は、ORIXとオリックスグループ各社およびORIXのレンタカー事業、中古車販売事業のフランチャイジー各社と共同利用することがあります。共同利用における利用目的は以下のとおりです。

〔オリックスグループ各社の利用目的〕

①オリックスグループ各社における債権、資産の状態、リスクの掌握等経営上必要な各種の管理を行うため。

②お客さまによりよい商品、サービスを提供し、よりご満足をいただくためのマーケティング分析や商品・サービス開発を行うため。

③オリックスグループ各社の取り扱う商品・サービス(詳細は「オリックスの事業 」(https://www.orix.co.jp/grp/company/about/business/index.html)をご確認ください。)のご紹介・ご提案のため。

〔フランチャイジー各社の利用目的〕

フランチャイジー各社の店舗におけるお客さまからのお申込み、お客さまへのフランチャイジー各社からのご提案などお客さまとの商談に当たり、適切な対応を行うため。

3. ORIXは、個人情報の取扱いについて、ホームページ等により公表します。
ORIX のプライバシーポリシーはこちら:https://www.orix.co.jp/auto/privacy.html

第2条(保証人等、債権譲渡先等への個人情報の提供)

  1. 1.この契約にかかる取引につきORIXが保有するお客さまの個人情報をこの契約にかかる取引の保証人、担保差入人、債務引受人にその取引関係上必要な範囲においてORIXが提供することにお客さまは同意します。
  2. 2.ORIXがこの契約にかかる取引上の権利を第三者に譲渡、質入等する(その検討、準備を含む)に際し、ORIXが保有するお客さまの個人情報をその相手方等にその取引関係上必要な範囲においてORIXが提供することに、お客さまは同意します。
  3. この契約にかかる取引につきORIXが保有するお客さまの個人情報を、この契約の目的となる自動車等の物件の売主に、その取引関係上必要な範囲においてORIXが提供することにお客さまは同意します。

第3条(信用情報機関への登録・利用)

  1. 1.加盟機関および加盟機関と提携する個人信用情報機関(以下提携機関という)に照会し、お客さま、配偶者の個人情報が登録されている場合には、お客さまの支払能力・返済能力の調査のために、ORIXが当該個人情報を利用することにお客さまは同意します。
  2. 2.この契約に基づく個人情報、客観的な取引事実が、本条第3項に定める期間中、加盟機関に登録され、加盟機関および提携機関の加盟会員により、お客さまの支払能力・返済能力に関する調査のために利用されることにお客さまは同意します。
  3. 3.加盟機関、登録情報、登録期間は、以下のとおりです。

    加盟機関:株式会社シー・アイ・シー(CIC)
    〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階
    お問い合わせ先:0570-666-414
    ホームページアドレス:https://www.cic.co.jp/

    登録情報:
    氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等、本人を特定するための情報、契約の種類、契約日、契約額、商品名およびその数量/回数/期間、支払回数等契約内容に関する情報、利用残高、割賦残高、年間請求予定額、支払日、完済日、延滞等支払い状況に関する情報等。

    登録期間:
    ①この契約にかかる申込をした事実:ORIXが加盟機関に照会した日から6ヶ月間
    ②この契約にかかる客観的な取引事実:契約期間中および契約終了後5年以内
    ③債務の支払を延滞した事実:契約期間中および契約終了後5年以内

  4. 4.提携機関は、以下のとおりです。

    ①全国銀行個人信用情報センター
    〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
    電話番号:03-3214-5020
    ホームページアドレス:https://www.zenginkyo.or.jp/

    ②株式会社日本信用情報機構(JICC)
    〒110-0014 東京都台東区北上野1-10-14
    住友不動産上野ビル5号館
    電話番号:0570-055-955
    ホームページアドレス:https://www.jicc.co.jp/

  5. 5.提携機関の加盟資格、加盟会員企業名等の詳細については、各提携機関のホームページをご覧下さい。

第4条(個人情報の開示・訂正・削除)

  1. 1.お客さまは、ORIXに対して、ORIXが保有するお客さまに関する個人情報(以下保有個人データという)を開示すること、またはORIXが保有しているお客さまの保有個人データの内容が不正確または不完全な場合に、当該保有個人データの訂正もしくは追加(以下「訂正等」という)または消去をすることを請求することができます。
  2. 2.前項によりお客さまから保有個人データの開示、または訂正もしくは消去を請求された場合、ORIXは、法令に従って開示、訂正等、消去を行います。
  3. 3.その他ORIXの個人情報の開示・訂正等・消去に関する取扱い等については、ORIXのプライバシーポリシー(https://www.orix.co.jp/auto/privacy.htm)に従うものとします。
  4. 4.お客さまは、個人信用情報機関に対して、第1項と同様に個人信用情報機関が保有する自己に関する個人情報の開示を請求することができます。

第5条(問合せ窓口)

前条によるお客さまからの保有個人データの開示、訂正等、削除のお問い合わせについては、以下の窓口で承ります。

オリックス自動車株式会社 個人情報お問い合わせ窓口メールアドレス:
data_security_oac@orix.jp

第6条(本同意条項に不同意の場合)

お客さまが、各条項の内容を承認せず、この契約の審査、契約管理等に支障が生じる場合、ORIXは、この契約の締結をお断りすることがあります。

第7条(この契約が不成立の場合)

この契約が不成立となった場合でも、この契約に関する事実は、この契約の不成立の理由の如何を問わず、利用目的に従って利用されます。

以上

ニッポンメンテナンスシステム株式会社 個人情報に関する条項

個人情報保護方針

当社ニッポンメンテナンスシステム株式会社は、車の販売と買取り、自動車関連部用品販売、メンテナンス、リース、レンタカー、中古車保証、コールセンター、自動車関連情報サービス、並びに生命保険・損害保険の代理業、その他車に関する幅広いコンサルティング会社として、個人情報の取り扱いについて、その重要性を深く認識し、適切な取得、利用及び提供を行うと共に、お客様、お取引先企業、ご利用者様、株主及び従業者等の個人情報に関する権利を保証するために、本個人情報保護方針を定め、以下に定める事項について実施いたします。

当社は、個人情報の取得に際しては、その利用目的を特定し、当社の正当な事業の範囲内で適法かつ公正な手段により行います。

当社は、取得した個人情報は利用目的の範囲以内でのみ利用し、目的外利用を行わないための措置を講じます。

当社は、個人情報を第三者に委託及び提供する場合には、十分な保護水準を満たした者を選定するとともに、契約等により適切な措置を講じます。

当社は、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。

当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損等のリスクを認識し、その防止及び是正のための社内規程や責任体制を確立し、適正な対策を講じます。

当社は、ご本人からの個人情報の取り扱いに関する苦情・ご相談等に対して、誠実かつ迅速に対応いたします。そのため「個人情報保護マネジメントシステム要求事項(JISQ15001)」に準拠した個人情報保護マネジメントシステムを策定し、全従業者が遵守すると共に、この継続的改善に努めます。

以上

オークション利用規約

このオークション利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社MOTA(以下「当社」といいます。)が運営する「MOTAオークション」(以下「本サービス」といいます。)に関して、本サービスの利用者が遵守すべき事項および当社との関係を定めるものです。
出品希望者及び落札者は、本サービスを利用するためには、本規約に同意しなければなりません。出品希望者及び落札者が本サービスの利用を申し込み、又は落札した場合には、出品希望者及び落札者が本規約の内容を十分に確認したうえ、一切の内容に同意したものとみなします。

出品者及び落札者は、本規約のほか、当社が定める本サービスに関するガイドライン等(本規約と併せて以下「本規約等」といいます。)を遵守するものとします。
出品者及び落札者が本規約等に違反した場合には、当社は、サービス提供の停止、その他当社が必要と判断する措置を講じることができるものとします。

本サービスは、出品された車両にかかる利用者間の契約締結の機会を提供するものに過ぎません。利用者間の車両の売買に係る契約は、取引条件に関する双方の意思が合致したときに成立します。利用者間で車両の売買に関する取引条件をよくご確認いただき、取引を行うかどうかの判断は利用者ご自身で行って下さい。

第1章 オークション

第1条:オークション開催の告知

当社は、オークションの開催日、開催時間、出品車両等の情報を、当社ホームページ内で案内し、買取業者に対してメールで通知するものとする。
オークション内容に変更があった場合も同様とする。

第2条:免責事項

当社は、以下該当する事由により被った損害については、その損害を賠償する責任を負わない。

  1. お客様の操作の誤りにより発生した損害
  2. 当社またはお客様のコンピューターの故障等による損害
  3. 通信機器または通信回線等の機器のトラブル等による損害
  4. 当社のオークションシステムや機器の事故による損害
  5. 利用者が本サービスを使用したことにより、損害を被った場合

第3条:出品

当社は、出品者の依頼に応じて車両を検査し、出品者を代理してオークションに車両を出品するものとする。

第4条:出品車両の基準

当社が出品する車両は以下の基準を満たした車両とする。

  1. 粗悪車両ではないこと
  2. 盗難車の疑いがない車両であること。
  3. 一般、安全走行が可能な車両であること
  4. 所有権の移転が可能な車両であること
  5. 所有者が真に販売する意思がある車両
  6. 所有者が法人でその法人が破産手続開始、特別清算開始またはこれらに類する手続が開始 されていない車両ならびに倒産、清算結了またはこれらに類する手続が完了した車両。
  7. 自動車販売を生業にしていない個人・法人が出品する車両
  8. 出品することが適当であると当社が判断する車両

第5条:落札

  1. 落札は当社がオークション成約と認めた時点で成立するものとする。
  2. 入札者は当社オークションで、出品者の希望価格を超えた入札をした場合に、落札することが可能とする。
  3. 入札価格が希望価格を下回った場合でも、最も高い入札価格を提示した入札者は、当社が 仲介することにより、出品者との商談により合意が成立すれば、当該車両の購入をすることができる。
  4. 落札手続は、本規約に定めるとおりとする。
  5. 入札者が落札した場合には、当該落札にかかわる落札手数料が発生する。手数料の詳細は別途当社が定めるものとする。
  6. 入札にあたり、出品票の記載内容および、車両の写真を十分に確認した上で入札を行わなければならない。
  7. 落札後もクレーム申請期限内に、出品票の記載および、車両の写真を再度十分に確認しなければならない。
  8. 落札価格とは、落札車両の本体価格を指す。関連する、消費税、リサイクル預託金、自動車税未経過分費用、落札手数料、名義変更の保証金は当社オークション規約に従い別途清算するものとする。
  9. 落札した車両に関する売買契約は、出品者と落札者との間で成立する。ただし、出品者は、当該売買契約に係る代金等の代理受領権限を当社に付与しており、落札者は、当社の請求書に基づき、落札車両の売買代金を支払う必要がある。
  10. 落札者は当該車両の費用をすべて支払った上で、車両を引き取らなければならない。
  11. 車両の陸送手配を依頼する場合は、すべて当社が請け負うものとし、陸送費用については車両代金と合わせて落札者に請求するものとする。但し、自社引き取りの場合、その限りではない。
  12. 落札者の都合により、陸送および納車が滞る事態が発生した場合には、落札者は当社に対して違約金を支払う義務が発生する。
  13. 落札者は、出品車両の落札時においては、弊社または出品者からの車両および譲渡書類遅延等によるペナルティは適用対象外であることにつき、あらかじめ了承するものとする。ただし、売買契約の成立日含め30日以内もしくは引渡日含め13日以内のいずれか遅い日までに車両または譲渡書類の引渡が行われない場合に、落札者は売買契約の解除を当社に申請することができる

第6条:検査

  1. 当社の検査員は、オークション出品前に車両を検査し、本規約及び当社が定める基準により車両の評価を行う。
  2. 評価点は当社基準であり、出品車両の品質を保証するものではない。
  3. 評価点は参考値であり、これに関してのクレームは受け付けない。

第7条:書類の提出

  1. 落札者が当社への車両代金の支払いを完了および、出品者が車両引渡しをした後に、当社は当該車両の譲渡書類等を落札者に引き渡す。
  2. 落札者からの支払いに不備がある場合、および当該車両がクレーム申請中の場合は、当社は譲渡書類等の引き渡しを留保できるものとする。
  3. 落札者が引き渡された譲渡書類等を紛失、あるいはその効力を失効させた場合は、クレーム規程に定める違約金を当社に支払う義務が発生する。

第8条:落札車両の名義変更

  1. 落札者は、車検付き車両の譲渡書類を受領した後、落札車両の名義変更、もしくは抹消登録を完了しなければならない。ただし、一時抹消登録車両の場合は除く。
  2. 前項の期限は、当社からの書類発送日を起点日として、その翌月末までとする。
  3. 落札者は名義変更、または一時抹消登録が完了した場合、前項の期限までにその登録書の写しを当社に送付しなければならない。その際には、落札者名、出品番号を記入するものとする。
  4. 落札者は前項の登録の完了、および当社への通知を怠った場合は、クレーム規程に定める違約金を支払わなければならない。
  5. 売買された車両に登録番号がある場合の自動車税に関しては、車両の引取月(軽自動車税は引取年度)までを出品者の負担とし車両の引取月の翌月(軽自動車は翌年度分)以降の相当額を当社は落札者に対し月割にて請求するものとする。
  6. 落札された車両の引取月が3月の場合に限り、当社は落札者に対して名義変更保証金を請求するものとする。請求する名義変更保証金は、当該売買契約の対象車両の自動車税の1年分の金額となる。
  7. 自動車の所有権が出品者から落札者に移転登録された後、同一年度内で抹消登録をされた場合において、当社は自動車税の再清算を行わないものとし、落札者が還付委任状を利用して自動車税の還付手続きを行うものとする。なお、当社は還付委任状の提出期限や還付委任状に添付する印鑑証明書の期限が切れても一切責任を負いません。
  8. 自賠責保険の使用の本拠が沖縄県、離島等であるために発生した保険料の差額については、落札者負担 とする。

第9条:車両代金の決済

  1. 落札者は、落札車両の代金を引き取り予定日の3日前までに支払わなければならない。当該支払い期日は、当社が出品者に代わって発行する請求書に明記されるものとする。
  2. 前項の期日までに落札車両の入金が確認できなかった場合、落札者は当社に対して、入金遅延違約金として3万円を支払わなければならない。
  3. クレームが発生した場合においても、その解決とは別に前項の期限までに、当社に対して落札車両代金を支払う義務を負う。
  4. 落札車両の所有権は、落札者が車両引き取り完了の時点で出品者から落札者に移転する。ただし、クレーム申請中はこの限りではない
  5. 落札者が当社の催告した期限までに当該車両代金を支払わない場合には、落札者と出品者との売買契約は解除される。

第10条:車両の引き渡し

  1. 当社はオークション成約後、出品者の車両引取希望日程に従って、当社が提携する陸送会社に対して陸送の発注を行う。納車日は当該陸送会社と落札者との間で確定するものとする。但し、落札者が自ら手配する場合はその限りではない。
  2. 落札者は、売買契約成立日から出品者が出品時に設定した引渡期限までに、対象車両を、出品者の指定する場所から、所定の手続きに従い引き取らなければならないものとする。ただし、諸事情により、落札者と出品者が合意の上、引渡期限を超えて、引取り期間を設定する場合があるものとする。
  3. 落札者は、自ら指定する陸送会社による落札車両の引取りを望む場合、所定の方法により当社に通知するものとする。
  4. 落札者が、売買契約成立日から所定の引渡期限までに、落札車両を引取りしなかった場合に、売買契約は解除されるものとする。
  5. 落札車両の引取りに要する燃料および費用は、当該落札車両を引取りする落札者の負担とするものとする。
  6. 出品者の指定する場所において落札車両の引取りおよび陸送会社への落札車両の搬入完了をもって、落札者への引渡しが完了したものとする。
  7. 落札者が所定の引取り期限までに当該落札車両を引取りしなかった場合、落札者は別途定めるペナルティの支払義務が発生するものとする。
  8. 落札者は古物営業法を遵守して車両の引取りを行うものとする。
  9. 一度確定した納車予定日を落札者都合により変更した場合、当該車両はクレーム対象外とする。
  10. 出品者の引き取り希望日から起算して5日間以上、当社への報告なく陸送および納車が滞った場合には、納車変更手数料として1万円(税別)、それ以降1日毎に3,000円(税別)の追加納車変更手数料を加算し落札者に請求を行う。

第11条:自動車税相当額の負担

  1. オークションおける自動車税相当額は、当社所定の月割り想定金額を利用するものとする。月割り想定金額は標準税率を基準とするが、税金金額を特定・確定するものではない。実際の税額に差異がある場合には、差異分が車両価格内に含まれていることを予め承諾するものとする。
  2. 出品者は、車両引き渡し予定月の末日までの自動車税相当額を負担し、落札者は車両引き渡し予定月の翌月(軽自動車の年度末落札は翌年度分)以降分の自動車税相当額を負担しなければならない。

第12条:送付手数料および振込手数料

  1. オークションに関わる書類を送付する費用は、出品者が負担をする。
  2. オークションに関わる振込の銀行手数料は落札者が負担をする。

第13条:クレームと契約解除

  1. クレームがある場合、落札車両1台につき、1回限りクレームの申請ができるものとする。
  2. クレーム期限は車両引き渡し日を含め5日後の17時までとする。ただし一度確定した納車日が落札者の都合により変更された場合には、クレームの対象外とする。
  3. 落札車両に係る売買契約の解除については、クレーム規程に定める。
  4. 落札者は別途定められた期間内に限り、クレーム規程に定める違約金を支払うことで、売買契約を解除することができる。
  5. 当社は売買契約の解除による損害について、クレーム規程に定める違約金以外に損害賠償の責を負わないものとする。
  6. 車両引き渡し後の事故や盗難等については、当社は一切の責任を負わない。
  7. 落札後に出品車両が事故や盗難にあった場合には、出品者は警察への盗難届、事故届を当社へ提出をもって免責されるものとして、当社も責を負わないものとする。

第2章 落札

第1条 :落札における義務

落札者は、本サービスにおいて車両を落札するに当たり、以下の事項に同意するものとする。

  1. 入札をする際には、出品者の出品票、写真を十分確認すること。
  2. 落札後はクレーム申告期限内に出品票、写真と相違がないことを確認すること。
  3. クレームは解決に誠意をもって協力すること。
  4. クレーム対象車両であろうと、規程通りに車両代金を支払うこと。
  5. 落札車両の譲渡書類は到着後速やかに確認すること。
  6. 落札車両の名義変更は、当社からの書類発送日を起点日として、その翌月末までとする。
  7. 落札者が第三者への転売後に発生したクレームについては、自己の責任とする。
  8. 落札後に修理等を行った車両は、クレームの対象外とする。
  9. 落札者は、オークション成約時にその車両にかかる、当社が定める落札手数料を支払うものとする。

第2条 :車両の所有権

  1. 落札者が車両の引き取りを完了した時点で車両の所有権が移転することとする。
  2. 車両にかかるすべての費用とは、車両価格、それにかかる消費税、落札手数料、リサイクル預託金、自動車税未経過分相当額、名義変更の保証金、当社に陸送依頼する場合はその費用の合計を指す。

第3条 :車両の引き取り

  1. 落札車両代金の入金前に、落札車両を引き取ることはできない。
  2. 陸送を当社に依頼をする場合、当社はその手配を行い、落札者にその費用を請求する。
  3. 落札者は車両引き取りを行う際に、古物営業法を遵守して車両の引き取りを行うものとする。

第4条 :車両引き渡しに伴う譲渡書類等

譲渡書類等は代金入金確認後、当社より落札者宛てに送付するものとする。

第5条 :自動車税相当額

落札者が落札車両の抹消登録を行った場合の、自動車税未経過分の還付手続きは、譲渡書類の還付請求権譲渡書をもって落札者が行うものとする。

第6条 :課税保留車両の抹消義務

課税保留の車検切れ車両を落札した場合は、落札者は名義変更期限内に抹消登録を行わなければならない。

第7条 :落札代金の決済

  1. 当社はオークション成約後に落札者に対して請求書を発行する。落札者は請求内容に基づき、落札車両の引き取り予定日の3日前までに入金を行うものとする。
  2. 支払期日が銀行の休業日にあたる場合には、その前日の営業日を支払い期日とする。なお支払い期日は、当社発行の請求書に明記する。
  3. 銀行の振込手数料は落札者負担とする。
  4. 指定の期日までに落札車両代金の入金が確認できなかった場合には、入金遅延違約金として3万円支払わなければならない。

第8条 :落札者による売買契約の解除条件

落札者は、オークション開催日当日、成約後1時間以内に限り、当社に対して10万円(税別)の落札解除手数料を支払うことにより、売買契約を解除できるものとする。

第9条 :禁止行為

以下の行為が発覚した場合には、違約金として20万円を当社に支払うものとする。

  1. 落札車両の旧所有者への直接連絡
  2. 落札車両の所有者に関する情報の流用
  3. 名義変更前の交通違反

第3章 検査

第1条 :検査

  1. オークションに出品するすべての車両は、当社の指定する検査員よる検査を経て出品する。
  2. 当社は 、車両の検査を行いクレームの発生を事前に防止するよう努める。また出品票には出品車両の品質・瑕疵の程度等必要事項を正確に記載する。
  3. 出品車両の評価点は、当社の評価基準に基づいて付与する。
  4. 検査員は、出品票へ正確な情報を記載する義務を負うが、当社はその正確性を保証しない。
  5. 出品票に付帯する車両写真で確認できる点については、写真の情報が優先される。写真にて明らかに確認できる内容に関しては、出品票内容と実車両の相違をクレーム対象としない。

第2条 :検査結果の採点基準

車両評価解説表

点数 登録 走行
距離
車両の状態、対象 外装
評価
内装
評価
6 12か月未満 5千km以内 新車に近い状態の車両 A A
5 5年未満 5万km以内 ほぼ無傷、無補修の車両 A A
4.5 制限なし 10万km以内 軽微で目立たない加修跡、小さなキズ、凹み有り。内装は良好な車両 B以上 B以上
4 制限なし 15万km以内 内外装ともに補修により、点数4.5点基準に準ずる車両。年式及び走行距離相応のダメージがある車両 C以上 C以上
3.5 制限なし 20万km以内 外装に補修が必要な傷、凹みがある車両。内装に汚れ、傷、破れなどがある車両。骨格部以外の溶接部位交換車。走行不明車、メーター改竄車。全塗装車など D以上 D以上
3 制限なし 制限なし 内外装に多大な補修が必要車両。腐食などにより鈑金を要する車両。機関・機構に重大な不具合があるもの D以上 D以上
2 制限なし 制限なし 商品価値の低い車両(粗悪車等)。多くの補修を要する車両 D以上 D以上
1 制限なし 制限なし 冠水車、消火剤散布歴車、その他災害車、改造車などの車両 なし なし
R 制限なし 制限なし 修復歴あり、修復の必要な車両。キャビン交換車など なし なし
X 制限なし 制限なし クラシック車種(旧車)、レプリカ車、特殊車両等の評価の困難な車両 なし なし
事故現状 制限なし 制限なし 事故現状車、バッテリーの上がりは除く不動車両 なし なし

外装評価解説表

外装評価 対象の車両
A ダメージのない、または軽微な瑕疵がある車両
B 小さな瑕疵が複数ある車両
C 目立つ瑕疵がある車両
D 目立つ瑕疵が複数ある車両

内装評価解説表

外装評価 対象の車両
A ダメージのない、または軽微な瑕疵がある車両
B 小さな瑕疵が複数ある車両。切れ、破れ、焦げ穴、ノリ跡、ノリ付きなどが若干ある車両
C 瑕疵が複数ある車両
D 目立つ瑕疵が複数ある車両

破損記号の解説表

記号 破損の種類 破損のレベル
1 2 3
A キズ 免許証サイズ程度 免許証サイズ以上A4サイズ程度 A4サイズ以上
U 凹凸 免許証サイズ程度 免許証サイズ以上A4サイズ程度 A4サイズ以上
UA へこみキズ 免許証サイズ程度 免許証サイズ以上A4サイズ程度 A4サイズ以上
W 補修 良好な補修跡 塗装面に凹凸やザラつき、気泡や多少の液垂れ、他のパネルとの色合いに違いがあるもの 再塗装が必要なほどの粗さやムラがある補修跡
F 塗装剥げ・変色 免許証サイズ程度 免許証サイズ以上A4サイズ程度 A4サイズ以上
C 腐食 免許証サイズ程度 免許証サイズ以上A4サイズ程度 A4サイズ以上
S サビ 免許証サイズ程度 免許証サイズ以上A4サイズ程度 A4サイズ以上
B 曲がり 免許証サイズ程度 免許証サイズ以上A4サイズ程度 A4サイズ以上
T 割れ・亀裂 免許証サイズ程度 免許証サイズ以上A4サイズ程度 A4サイズ以上
G 極小のキズ 極小の点傷や塗装ハガレ、ガラスの点傷
H ボディに穴が開いている部分
XX 交換済(跡) ボルト回し跡がある、シーラーが手塗りまたは後塗り、パネル内面が黒色の場合
Z 破損多数 破損のレベル「2」以上の箇所が6箇所以上、または破損レベル「3」以上の箇所が3箇所以上

第4章 譲渡書類

第1条 :譲渡書類の引き渡し条件

  1. 譲渡書類は、落札者からの車両代金の入金が当社で確認できた後に、当社から落札者へ郵送するものとする。ただしクレーム申請中はこの限りではない。
  2. 未決済車両がある場合には、その車両の決済が完了しない限り、譲渡書類の引き渡しは行わないものとする。
  3. 申告されたリサイクル預託金に過剰申告があった場合、落札者がオークション開催月の翌月末日までに当社へ申告した場合に限り、過剰金額の差額を返金するものとする。

第2条 :書類の取り扱いについての違約金

  1. 書類の差し替えが発生した場合

    落札者都合により、譲渡書類の差し替えを出品者へ依頼する必要がある場合には、以下の書類差替え手数料が発生するものとする。
    落札者は当社に書類差替え手数料を支払い、当社は書類差替え手数料の入金を確認した後に落札者に対して、差替え書類を発送する。
    委任状、譲渡証、印鑑証明書、その他の書類の差し替えに、一律2万円(税別)の書類差替え手数料が発生する。

  2. 書類の紛失が発生した場合

    落札者が書類を紛失した場合、5万円(税別)の書類再発行の手数料が発生する。なお自賠責保険証明書の再交付は行わないものとする。落札者は当社に書類再発行の手数料を支払い、当社は書類再発行の手数料の入金を確認した後に、落札者に対して再発行書類を発送する。

  3. 名義変更の遅延が発生した場合

    書類発送日を起点日に翌月末までに名義変更、または抹消登録を行わない場合には2万円の違約金が発生するものとする。書類の差し替え、紛失等による遅延の場合には、名義変更遅延の違約金は発生せずに、書類の差し替え、紛失等の該当する手数料が発生するものとする。

第3条 :交通違反ついての違約金

落札者が名義変更前に交通違反をし、当社または出品者へ迷惑をかけた際には、10万円の違約金が発生するものとする。

第5章 クレーム

第1条 :総則

  1. 本章は、当社が主催するオークションにおけるクレーム処理について定める。
  2. 当社は 、車両の検査を行いクレームの発生を事前に防止するよう努める。また出品票には出品車両の品質・瑕疵の程度等必要事項を正確に記載する。
  3. クレームが発生した場合、落札者は当社と協力してクレームの早期解決に努めなければならない。
  4. 落札者が落札車両の出品者にクレームを直接訴える行為は当社の違約金の対象となり、落札者は当社に違約金10万円を支払わなければならない。
  5. 落札者は、出品票を十分確認し当該車両と差異がないか再度確認しなければならない。

第2条:クレームの受付

  1. 落札車両のクレーム受付は、第13条の2項に定める申告期限日時までに申告されたものに限る。
  2. クレームの受付は、1台につき1回までとする。
  3. クレーム申請は、当社のクレーム申請フォームを介して申請するものとし、所定の方法以外は受け付けない。システム上でのクレーム申請完了時刻を受付時刻とする。
  4. 陸送会社の都合による納車遅延を除き、一度確定した納車予定日を、落札者都合で当社を介さず、陸送日程を変更された場合はクレームを受け付けない。

第3条:事実の確認

  1. 落札車両の現状確認に点検が必要になった場合、当社の指定するディーラーで実施し、見積代金等点検に関する費用は、落札者の負担とする。
  2. 公正にクレーム処理を行うために、当社は事実確認を以下の方法で行う。
  3. 交通費など当社がクレームの裁定を行うために要した費用は、クレーム等が事実でなかったと判断された場合には落札者の負担とする。

第4条:裁定

  1. クレーム解決にあたっては、当社のスタッフが、年式、走行距離等を考慮した総合的判断をもって裁定を行う。
  2. 裁定の種類は以下の通りとする。

第5条 :クレームの対象外

  1. クレームとして認められない内容は 、クレーム項目のとおりとする。
  2. 各用語の定義は、当社「検査規程」に準じるものとする。
  3. 本章第5条の1項に当てはまる場合においても、当社判断によりクレームを受け付けることがある。

第6条 :クレームの基準

  1. 落札者によるキャンセル可能なクレーム内容及び裁定はクレーム項目のとおりとする。
  2. クレーム受付期間は、一部の例外を除き車両引き渡し日を含め5日後の17時までとする。
クレーム項目 クレーム裁定
車両名 当社の裁定により判断
初年度登録月 値引: 1ヵ月あたり、普 5千円、軽 3千円
年式 当社の裁定により判断
2WD/4WD 当社の裁定により判断
グレード相違 当社の裁定により判断
ディーラー・並行相違 当社の裁定により判断
型式・排気量 当社の裁定により判断
ドア・形状 当社の裁定により判断
走行距離相違 当社が相当と判断した場合のみ
車検有効期限相違 当社が相当と判断した場合のみ
車歴 当社の裁定により判断
色替え 当社が相当と判断した場合のみ
車体色相違 当社の裁定により判断
ワンオーナー 当社の裁定により判断
シフト相違(AT・MT違い) 当社の裁定により判断
燃料相違 当社の裁定により判断
冷房の有無 当社の裁定により判断
保証書の有無 値引き時 : 1万円
長さ・幅・高さ・型式指定・類別区分相違 原則クレーム対象外。
装備品欄の有無 当社の裁定により判断
セールスポイント欄の不良・有無 セールスポイントに記載された装備品が不良、欠品の場合は、クレーム対象とする。

重大クレーム事項

クレーム項目 クレーム裁定
溶接パネル交換車 ※落札価格10万円未満はクレーム対象外評価3.5点以上のみ対象
修復歴車 ※評価R、落札価格10万円未満はクレーム対象外
メーター改ざん・交換・1回転申告漏れ キャンセル対象
タコグラフ交換 キャンセル対象
粗悪車 ※落札価格10万円未満はクレーム対象外
キャンセル対象
走行に支障のある場合や修復現状に問題があり、当社での現車確認の結果、相当と判断された車両
冠水車 キャンセル対象
※申告なしの車両に限る
接合車 キャンセル対象
消火器の散布跡車
エンジン乗せ替え(規格外) キャンセル対象
ミッション乗せ替え(規格外) キャンセル対象
盗難車・遺失車両 ※クレーム受付期間は無期限
当該車両の出品者が全責任を負うものとし、第三者により当該車両及び移転登録書類が押収・差押えされた場合でも、その理由の如何を問わず問題発覚時に車両代金、当社が認める諸経費を当社に返還するものとする。出品者が違約金や車両代金返還請求に応じらない場合には、当社は一切責任を負いません。

箇所別クレーム事項

箇所 クレーム項目 クレーム裁定
内装 内装標準装備品の欠品
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・新車時有効車検( 1回目の車検満了)以内の車両で且つ、部品代が2万円以上のものが対象
ジャッキ・工具・スペアタイヤ等の欠品 クレーム対象外
ダッシュ・グローブボックス等の不良及び内装の改造
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・当社が相当と判断とした車両に限る
雨漏れ
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・当社が相当と判断とした車両に限る
内装焦げ・切れ・しみ・異臭
  1. ・当社が相当と判断とした車両に限る
8ナンバーキットの欠品 クレーム対象外
外装 鉄粉・P付着 クレーム対象外
ガラス
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・飛石・傷はクレーム対象外
外装標準装備品の欠品
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・新車時有効車検( 1回目の車検満了)以内の車両で且つ、部品代が2万円以上のものが対象
タイヤ・ホイール規格外・スタッドレス クレーム対象外
塩害
  1. ・当社が相当と判断とした車両に限る
レンズのヒビ・ドアミラー損傷
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
電装 サンルーフ不良
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・初年度登録から7年以内の車両に限りクレーム対象とする。
オーデイオ不良 クレーム対象外
P/W・パワーシート不良・ドアミラー作動不良
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・初年度登録から7年以内の車両に限りクレーム対象とする。
エアコン不良
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・初年度登録から7年以内の車両に限りクレーム対象とする。
パワースライドドア不良
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・初年度登録から7年以内の車両に限りクレーム対象とする。
メーター類不良(積算計は除く)
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・アナログ・デジタルとも部品代3万円以上のものを対象とする。
セルモーター・ダイナモ不良
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・初年度登録から7年以内の車両に限りクレーム対象とする。
イモビ不良 クレーム対象外
マルチV・テレビ・ ナビ不良
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・初年度登録から7年以内の車両に限りクレーム対象とする。
機構 ABS・ブレーキ不良
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・初年度登録から7年以内の車両に限りクレーム対象とする。
  4. ・消耗品はクレーム対象外
ドライブシャフト不良
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・初年度登録から7年以内の車両に限りクレーム対象とする。
  4. ・車両評価R点は対象外とする。
  5. ・1本につき8,000円の割引とする。
ショック・サス不良(エアサス・アクティブのみ)
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・初年度登録から7年以内の車両に限りクレーム対象とする。
  4. ・へたりはクレーム対象外
パワステ・ギアボックス・ポンプ・4WS 不良
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・初年度登録から7年以内の車両に限りクレーム対象とする。
キー違い(エンジンキーとドアキーが違う場合) クレーム対象外
エアバック不良
  1. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  2. ・部品代2万円以上 のものとする 。
デフ・トランスファー・カップリング不良
  1. ・オイル漏れはクレーム対象外
  2. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  3. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
デフ・トランスファー・カップリング不良
  1. ・オイル漏れはクレーム対象外
  2. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  3. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
AT ミッション 不良(滑り・ショック・タイムラグ等)
  1. ・オイル漏れはクレーム対象外
  2. ・必要に応じて現車確認
MT ミッション不良(ギア鳴き等)
  1. ・オイル漏れはクレーム対象外
マフラー不良(腐食等)
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・初年度登録から7年以内の車両に限りクレーム対象とする。
  4. ・車両評価R点は対象外とする。
  5. ・車両に限りクレーム対象とする。
クラッチ滑り
ラジエーター・ウォーターポンプ不良
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・初年度登録から7年以内の車両に限りクレーム対象とする。
  4. ・車両評価R点は対象外とする。
  5. ・車両に限りクレーム対象とする。
ターボ・スーパーチャージャー不良および改造
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・初年度登録から7年以内の車両に限りクレーム対象とする。
  4. ・車両に限りクレーム対象とする。
噴射ポンプの不良または燃料漏れ
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・必要に応じて現車確認
エンジン下部(メタル・ピストン異音・焼き付き・圧縮不足等)
  1. ・オイル漏れはクレーム対象外
  2. ・必要に応じて現車確認
エンジン上部(タペット・バルブ・ヘッド等不良)
  1. ・オイル漏れはクレーム対象外
  2. ・必要に応じて現車確認
その他 社外品の申告漏れ
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外
  3. ・車両評価R点は対象外とする。
  4. ・当社が相当と判断とした車両に限る
コーションプレート欠品の申告漏れ
車検証備考欄の走行距離相違 当社の裁定により判断
標準装備品のスマートエントリー・インテリジェントキー欠品 クレーム対象外
装備品欄に関する附属品の欠品 クレーム対象外
メーター(積算計)の故障
記録簿の有無 クレーム対象外
型式指定・類別番号なし
職権打刻(国産のみ)
出品票未記載の著しい痛み
  1. ・登録経過年数10年以上、および走行距離10万km以上の車両は対象外
  2. ・落札価格20万円未満の車両は対象外

内装

  1. ・クリーニングで回復できるものは、クレーム対象外
  2. ・リペアの場合は3万円の値引き上限とする。

外装

  1. ・フェンダー・ドア・ステップ・ピラー・バンパーは一区画一律2万円
  2. ・ボン ネット・トランクフードは一律3万円
  3. ・ルーフは一律5万円 ※パール塗装車は各追加1万円。合計値引き上限を原則8万とする。
  4. ・爪にかからない程度のキズ、正面から認識できない程度の凹み、 1 円玉サイズ以下の損傷、底面の損 傷は、外装クレーム対象外とする。

第6章 共通事項

第1条(改定)

当社は、必要に応じて、適用ある法令に従い、本規約の内容を改定できるものとする。改定した場合は、以下の当社ホームページにて適用時期とともに掲示する。
https://mota.inc/kiyaku/

第2条(付則)

本規約は、2022年2月14日以降の本サービスの利用について適用されるものとする。

以上

MOTAダイレクト利用規約

この個人売買サービス利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社MOTA(以下「当社」といいます。)が運営する車両の個人売買についての仲介サービス「MOTAダイレクト」(以下「本サービス」といいます。)に関して、本サービスを利用する者が遵守すべき事項および当社との関係を定めるものです。

購入者は、本サービスを利用するためには、本規約に同意しなければなりません。購入者が本サービスを利用して車両を購入した場合には、購入者が本規約の内容を十分に確認したうえ、一切の内容に同意したものとみなします。

購入者は、本規約のほか、当社が定める本サービスに関するガイドライン等(本規約と併せて以下「本規約等」といいます。)を遵守するものとします。購入者が本規約等に違反した場合には、当社は、サービス提供の停止、その他当社が必要と判断する措置を講じることができるものとします。

本サービスは、出品された車両(以下「出品車両」といいます。)に係る出品者・購入者間の契約締結の機会を提供するものに過ぎません。出品者・購入者間の出品車両の売買に係る契約は、取引条件に関する双方の意思が合致したときに成立します。出品者・購入者間で出品車両の売買に関する取引条件をよくご確認いただき、取引を行うかどうかの判断は購入者ご自身で行って下さい。

なお、当社は、本サービスの全部または一部をフレックス株式会社に委託することができるものとします。

第1章 売買契約の成立

第1条:売買契約の成立等

  1. 購入者が、本サービスを利用して出品車両を購入する場合には、本約款末尾に記載の自動車売買契約書等により、出品者との間で売買契約を締結するものとする。なお、本約款末尾記載の自動車売買契約書の条項については、出品者・購入者間で協議のうえ、内容を確定するものとし、当社は、当該条項の当否等について責任を負わないものとする。
  2. 前項の定めにかかわらず、購入者が自動車ローンを利用して出品車両を購入することを希望する場合、出品車両はフレックス株式会社(以下「販売会社」という。)が出品者より一旦買い受けるものとし、購入者は、販売会社所定の売買契約書により、販売会社との間で当該出品車両に関する売買契約を締結するものとする。ただし、自動車ローンに関する所定の審査において購入者が自動車ローンが利用可能と判断された場合に限る。
  3. 購入者は、出品車両が出品者の自動車ローンの残債があるものである場合、ローン会社の判断、残債の残高、その他の事由により、購入できない場合があることにあらかじめ同意する。

第2条:申込金、車両代金等の支払

  1. 購入者は、出品車両の購入の申込みに際して、当社が提示する当社所定の申込金を、当社の指示に従い、当社またはフレックス株式会社の所定の口座への振込送金の方法により、支払うものとする。
  2. 前項の申込金は、理由の如何を問わず、返金されないものとする。ただし、当社の判断により、返金する場合がある。
  3. 購入者は、売買契約が成立した出品車両(以下「対象車両」という。)に係る売買代金等については、当社の指示に従い、出品者から代理受領権限を付与された当社またはフレックス株式会社の所定の口座への振込送金の方法により、支払うものとする。
  4. 購入者は、自動車税は、4月1日現在の対象車両の所有名義人が年額の全てを支払うことを確認する。
  5. 対象車両の名義変更が3月31日までに行われた場合、購入者は当該年度に係る自動車税の年額の全てを納付しなければならない。対象車両の名義変更が4月1日以降に行われた場合、当該年度に係る自動車税は出品者負担とする。

第2章 クレーム

第3条:総則

  1. 購入者が本サービスを利用して出品車両を購入する場合、当該出品車両は、現状有姿での引渡しとし、原則として、クレームや返品はできないものとする。ただし、当該出品車両において、走行の基本動作(走る、止まる、曲がる等)に関して不具合がある場合、出品票に記載のない不具合がある場合、その他当社が認める不具合、並びに購入者が本サービスにおいて整備オプションを依頼したにもかかわらず生じた不具合については、この限りではなく、これらの不具合に関するクレーム(ただし、第6条に定める事由を除く。以下「許容クレーム」という。)は、本章の定めに従い処理されるものとする。
  2. 当社は、許容クレームの発生を事前に防止するよう努める。また出品票には出品車両の品質・瑕疵の程度等必要事項を可能な限り正確に記載する。
  3. 購入者は、出品車両の納車後、速やかに動作確認を行うものとし、許容クレームがあった場合には、納車後3日以内にその具体的な内容を当社に申し出なければならないものとする。許容クレームが発生した場合、購入者は当社と協力して許容クレームの早期解決に努めなければならない。
  4. 購入者は、購入した車両(以下「購入車両」という。)に関する許容クレームについては当社を通じて解決するものとし、出品者に直接請求等を行った場合、当社に対し違約金を支払わなければならない。かかる違約金の額は10万円とする。
  5. 購入者は、購入に際し、出品票を十分確認し出品車両と差異がないか再度確認しなければならない。

第4条:許容クレームの受付

  1. 許容クレームの受付は、1台につき1回までとする。
  2. 許容クレームの申請は、当社のweb問合せフォームから申請するものとし、これら以外の方法は受け付けない。システム上での許容クレーム申請完了時刻を受付時刻とする。
  3. 陸送会社の都合による納車遅延を除き、一度確定した納車予定日を、購入者都合で当社を介さず変更された場合は、クレームを受け付けない。
  4. 当社の指定以外の輸送手段が使用された場合、クレームは受け付けない。

第5条:事実の確認

  1. 購入車両の現状確認に点検が必要になった場合、当社の指定するディーラーで実施し、見積代金等点検に関する費用は、許容クレームの内容が事実でなかったと判断された場合には購入者の負担とする。
  2. 公正に許容クレーム処理を行うために、当社は事実確認を以下の方法で行う。
    • (1)画像による内外装損傷の確認
    • (2)当社スタッフ、代理人、または当社の指定する第三者による確認
    • (3)当社指定の陸送会社による車両状態確認書による確認(ただし出品者、購入者双方の確認サインがある場合に限る。)
    • (4)その他の方法による確認

3. 交通費など当社が許容クレームの裁定を行うために要した費用は、許容クレームの内容が事実でなかったと判断された場合には購入者の負担とする。

第6条:許容クレームと契約解除

  1. 購入車両に関わる売買契約の解除については、本規約に定める場合にのみ、できるものとする。
  2. 当社は、売買契約の解除による損害について、本規約に定めるもの以外に損害賠償の責を負わないものとする。
  3. 購入車両の輸送中・引渡し後の事故や盗難等については、当社は一切の責任を負わない。
  4. 購入手続後に出品者が事故や盗難にあった場合には、警察への盗難届、事故届を当社へ提出することをもって免責するものとし、当社も責を負わないものとする。

第7条:裁定

  1. 許容クレームの裁定にあたっては、当社のスタッフが、年式、走行距離等を考慮した総合的判断をもって裁定を行う。
  2. 裁定の種類は以下の通りとする。
    • (1)取引のキャンセル当社は、購入車両代金等、往復陸送代、契約解除金および当社が認めたキャンセルに関わる実費相当額を負担するものとする。ただし、その負担の有無はクレームの内容により異なる 。
    • (2)値引き当社は、該当する購入車両代金等から、車両状態等を考慮した値引き金額を減額するものとする。購入者は、機会損失、迷惑料等の損害賠償は請求できないものとする。

第8条:許容クレームの対象外

  1. 許容クレームとして認められない内容は、以下のとおりとする。
    • (1)出品票にその旨明記のある個所、画像から明らかである箇所へのクレーム
    • (2)輸入車(並行車)として購入された場合
    • (3)許容クレームの申立てをせずに購入車両を補修した場合
    • (4)許容クレーム処理中に当社の承諾無しに名義変更を行った場合
    • (5)転売、当社以外のオートオークション会場へ搬入、展示、または商談を行った場合
    • (6)足まわり、エンジン調整等の調整代および消耗品の不具合
    • (7)当社が設定した期限までに、購入者が許容クレーム内容の根拠や証拠の提出を行わない場合
    • (8)各部品代が国産車2万円、輸入車5万円未満の場合および各整備工賃(当社の判断により一部の整備工賃は対象とする場合もある。)
    • (9)当社の定めるクレームの評価基準およびクレームの評価の内容に対するクレームの申立

第3章 共通事項

第9条(改定)

当社は、必要に応じて、適用ある法令に従い、本規約の内容を改定できるものとする。改定した場合は、以下の当社ホームページにて適用時期とともに掲示する。

https://mota.inc/kiyaku/

第10条(付則)

本規約は、2022年5月1日以降の本サービスの利用について適用されるものとする。

自動車売買契約書

売主●●●●(以下「甲」)と、買主●●●●(以下「乙」)は、次のとおり売買契約(以下「本契約」)を締結した。

(目的物)

第1条 甲は、乙に対し、甲所有の後記自動車(以下「本件自動車」)を売り渡し、乙はこれを買い受けた。

(売買代金)

第2条 本件自動車の売買代金の総額は、金●●●●円とする。

<内訳>

車両本体価格●●●●円

第3条 前条の売買代金の支払は、令和●年●月●日までに、甲指定のフレックス株式会社(またはその関連会社)名義の銀行口座へ振込により支払うものとする。振込手数料は乙の負担とする。

(引渡し)

第4条 本件自動車の引渡日時および場所については、双方協議の上定めるものとする。

(費用負担)

第5条 本件自動車の引渡し時までに生じる諸費用については、原則として各自の負担とする。ただし、次の各号の費用については、乙の負担とする。

(危険負担)

第6条 本契約締結後、本件自動車引渡し前に甲の責に帰することのできない事由により滅失または毀損した場合は、本契約は遡及的に効力を失うものとする。

(契約不適合責任)

第7条 甲は、契約不適合責任(瑕疵修補請求・代金減額請求・損害賠償請求・契約の解除)は負担しないものとする。ただし、甲が故意に契約不適合(種類、品質または数量に関して本契約の内容に適合しないことをいう。)のあることを乙に告知しなかった場合はこの限りではない。

(協議事項)

第8条 本契約に定めがない事項、または本契約条項に解釈上疑義を生じた事項については、双方協議の上解決するものとする。

(本件自動車の表示)

本契約の成立を証するため、本書2通を作成し、甲乙署名押印のうえ、各1通を保持する。

●年●月●日

甲)
住所
氏名              ㊞

(乙)
住所
氏名              ㊞